スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ヘレン・ケラー 目の見える3日間
2014 / 09 / 30 ( Tue )
「ハーバードの人生を変える授業」を読んでいて、とても心に残ったことがありました。

ヘレン・ケラーの「目の見える3日間」というエッセイから抜粋だったのですが


ヘレン・ケラーは、次のようなことを書いています。ある日、森の中を長い間歩いてきた友人に、ヘレンは森の中にどんなものがあったかと尋ねました。すると、友人は「別に何も」と答えたのです。そのときに感じたことです。

「1時間も森の中を散歩して、『別に何も』ないなんてことがどうしたら言えるのだろうと思いました。目の見えない私にもたくさんのものを見つけることができます。左右対称の繊細な葉、白樺のなめらかな木肌、荒々しくゴツゴツとした松の木の樹皮…。

(中略)

目の見えない私から、目の見えるみなさんにお願いがあります。明日、突然目が見えなくなってしまうかのように思って、すべてのものを見てください。そして、明日、耳が聞こえなくなってしまうかのように思って、人々の歌声を、小鳥の声を、オーケストラの力強い響きを聞いてください。明日、触覚がなくなってしまうかのように思って、あらゆるものに触ってみてください。明日、嗅覚と味覚を失うかのように思って、花の香りをかぎ、食べ物を一口ずつ味わってください。五感を最大限に使ってください。世界があなたに見せてくれているすべてのもの、喜び、美しさを讃えましょう」



私自身が子どもたちにもっとも言いたいことかもしれません。五感でよく感じてほしい。感性を大切にしてほしい。勉強=理性の世界は、感性の世界からかけ離れたところに存在しているわけではありません。感性が豊かでないと理性は育たないのです。実は、原文にはこのあと1センテンスだけ続きがあります。


けれども、すべての感覚の中で、私は見えることがもっとも美しいと思うのです。


学びは観察から始まるものだと思います。自然の観察から始まるのが理科(自然科学)、人間社会の観察から始まるのが社会(社会科学、人文科学)です。これは紙と鉛筆の世界の中で得られるものではありません。外に出て、自然や人と接する中で、肌で感じ取ることが必要です。

外に出よう。歩こう。
間違っても部屋にこもって勉強みたいなことはしないでください!


《原文Three Days to See/ Helen Kellerより抜粋》
I who am blind can give one hint to those who see -
one admonition to those who would make full use of the gift of sight:
Use your eyes as if tomorrow you would be stricken blind.
And the same method can be applied to other senses.
Hear the music of voices, the song of a bird, the mighty strains of an orchestra,
as if you would be stricken deaf tomorrow.
Touch each object you want to touch
as if tomorrow your tactile sense would fail.
Smell the perfume of flowers, taste with relish each morsel,
as if tomorrow you could never smell and taste again.
Make the most of every sense;
glory in all the facets of pleasure and beauty
which the world reveals to you
through the several means of contact which Nature provides.
But of all the senses, I am sure that sight must be the most delightful.



個別教室 遊成塾
塾長 N.T.

スポンサーサイト
19 : 13 : 25 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近況
2011 / 02 / 14 ( Mon )
大阪はそれほどだったようですが奈良は10cmを超える積雪。
ちょうど11日祝日で,朝からマンションの子どもらがハイテンションではしゃいでいました。
うちの子らも雪合戦や鎌倉造りなどしたようで,昼前にびちゃびちゃなって帰ってきました。さすがに寒いと言っていましたが,それにしても子どもは元気でよいですね!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中学3年生は奈良と大阪の私立受験が終わりました。一応すべて合格でほっと一安心。
と言っても一般入試までは気が抜けません。がんばっていきましょう。

中学1,2年生は最後の定期試験ですね。この学年末は試験範囲が広いので大変です。特に1年生にとっては未知の世界!

高校1年生はのんびりとしていますが,高校2年生はぼちぼち受験モード。国公立組はすでに2月頭よりスタート。大学受験は長期決戦。じっくりと取り組んでいきましょう。

高校3年生の国公立組はラストスパート。1年間で最も大切な時期です。いままでの努力を生かすも殺すもこの時期次第。気を抜かず万全の対策を講じましょう。

と,珍しく塾っぽいことを述べてみたりしていますが,特に他意はございません(笑

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

しかし,これだけでは逆に訝しがられそうなので,いつも通りの内容を!?

■水槽について
教室に年末から置いてある水槽ですが,現在の予定(想い)では3月中には運転するつもりです。当塾はガスの契約をしていないためお湯がなく,水槽の設置作業に二の足を踏んでいます。水が冷たく10分も作業すると指の神経が麻痺します!!3月ぐらいになれば…(淡い期待)

■玩具について
cuboro jubeleeと他のセットを購入予定です。楽しみにしておいてください!また,cuboroなどの塾に置いてある玩具を貸し出しする計画も立てています。準備が整いましたらご連絡いたします。

■空気清浄機
教室の乾燥を少し酷く感じたのと,インフルエンザやこの時期の花粉症の対策として加湿空気清浄機(ダイキンのうるおい光クリエール)を購入しました。近日中に届くので楽しみです。ただ,木の教室の香りも脱臭されるかも…!?!?!

■塾の2階
曜日によっては,また定期試験前には1階のスペースだけでは少し手狭になってきました。そろそろ2階をきちんと稼動させたいところですが…。内装と机&椅子にどれほどの予算が必要なのか。もう少し辛抱しないと厳しいかもしれませんね(笑 ただ,無性に無垢板の机が作りたくて!!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
01 : 29 : 42 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
私のブクログ
2011 / 01 / 30 ( Sun )
少し前から始めている私のブクログの紹介です。

『「知りたい」からの独楽』~独学の楽しみ~

最近読んでいる本に加え、過去に読んだ本も紹介していきたいと思います。そのときに読みたいと思った本を読むためジャンルにあまり一貫性がないですが、その辺は悪しからず。

しかし、文字に触れていると落ち着くのはどうしてでしょうか。子どものころは本など全く読まず、そのため国語の成績も惨憺たる結果でした。けれども大学生になって読書を始め、今では身の回りに本がないと落ち着かない始末。不思議ですね。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
続きを読む
02 : 55 : 42 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ベイビー誕生
2010 / 11 / 21 ( Sun )
先日17日未明に無事、ベイビーが生まれました。
体重は3500+gで、よく泣き元気いっぱいの女の子です。
その割に身長があまりなくポッチャリちゃんですが(笑)

しかし、生まれたばかりは本当に小さいですね。
こんなに小さかったっけ!?と思ってしまいます。

私は週明けからの風邪がまだ治らずですが、妻は本日元気に退院しました。
さらに一人増えて、家の中はとても賑やかです!

月・火とあともう少し休ませてもらいますが、風邪を治して水曜から復帰したいと思っています。
これからもよろしくお願いします!

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
18 : 06 : 45 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
教室のレイアウト変更
2010 / 10 / 10 ( Sun )
気分転換というわけでもないですが、より快適な空間を目指して教室のレイアウトを変更してみました。

教室

私が、本を買うのが好き、読むのが好き、並べるのが好き、見るのが好きという理由で教室の本がどんどん増えていくわけです。生徒たちも「あっ!」とか「ん?」とか興味を惹かれている様子。

けれども、ほとんどは授業の始まる5分ほど前に来て、授業が終わるとさっさと帰ってしまうのです。本を手にする時間は長くても10分程度です。短い子だと授業が始まるぴったりの時間に来ますが、それでもかばんを置くやいなや本を取りにいきます(笑)

単に90分間の授業を受けに塾に来るだけではなんか寂しい。もっとのんびりしていったらいいのに!そんな想いから思い切ってレイアウトを変え、席数を増やし、狭いですが読書ブースを作ってみました(ブースとさえいえないかもしれませんが)。

読書ブース


また、次のような雑誌も置いてみました。どれも子どもの好奇心を満たしてくれるものばかりです。

月刊ポプラディア
 総合百科事典ポプラディアを発刊しているポプラ社の月刊誌。
子供の科学
 誠文堂新光社の月刊誌。すごい情報量です。科学が大好きになります!
たくさんのふしぎ
 福音館書店の月刊誌。さまざまな不思議を絵本みたいにした雑誌。見ていて飽きませんよ。
かがくのとも
 福音館書店の月刊誌。大人が見ていても楽しい科学絵本。

個別教室 遊成塾

塾長 N.T.

23 : 46 : 06 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。