スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
暗記って?2
2009 / 11 / 27 ( Fri )
もうちょっと「知識体系の暗記」の説明を。

前の例で話を続けると、

かけ算を用いる文章題で、いつも「ん~~」と悩んでかけ算の立式をしているようでは困ります。悩んで解いていること自体はとても良いことですが、いつも同じことで悩んでいては次の思考に至れません。九九と同様、パッと立式できないと!つまりは「暗記」です。

これは、「悩んで解けて、はいOK!」ではダメということです。類題の反復練習により「もう分かってって。こうするだけでしょ!」と自分の頭の中で「当たり前のこと」にならないといけません。すなわち、何度か思考する中で知識に変えないといけないわけです。ということで、私はこれを「丸暗記」と区別して「知識体系の暗記」と呼んでいます。

これに該当するものは高校の数学にだってあります。「数式の展開、因数分解」や「平方根」はもちろんのこと、単なる計算だけではなく「2次関数の判別式」など、いわゆる公式の意味など。これらもきちんと理解し自分の知識とした上でないと、その先の「思考して解く問題」には手が出ません。

ここまでくると、勉強している割に算数や数学が苦手な子の原因が見えてきます。勉強しているので「丸暗記」すべきことをしていないというのは論外ですが、その後にすべき「知識体系の暗記」をおろそかにしているということです。きちんと反復練習して体得しないといけないことをしていないのです。これでは解けるものも解けません。

時間はかかりますが、きちんと練習を積んで、「当たり前だ!」と思えるようにしましょう。知識体系を築き上げていかないと、結局は「急がば回れ」となります!

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
スポンサーサイト
13 : 01 : 37 | 教育・受験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。