スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
公式?
2009 / 12 / 22 ( Tue )
最近、ちょっと閉口していることがあるんです。

それは中学入試の算数の単元「□を含む計算(□を求める計算)」というところにある公式なんですが、次のようなものです。

□+A=B → □=B-A   A+□=B → □=B-A
□-A=B → □=B+A   A-□=B → □=A-B
□×A=B → □=B÷A   A×□=B → □=B÷A
□÷A=B → □=B×A   A÷□=B → □=A÷B
下線部   は注意!

こんな公式っていつからあるのでしょう?私の小学生のころにはなかったと思うのですが…。私が覚えてないだけなのでしょうか?!

この計算にこんな公式がいるなんてとても思えません。誰かが作ってテキストに載せだして、あわてて他の方も自分のテキストに載せているのでしょうか。この公式を覚えて(覚えた気分になって)解いている子は決まって、間違えますし、この計算を苦手としています。

「□を含む計算」は四則演算をきちんと理解していればひっかかりません。ひっかかるならば、それは四則演算がまだすっきり理解できていない証拠です。きちんと学習させましょう。間違っても「□を含む計算」ができないからといってこの公式を覚えさせてはいけません!

こんな風な公式がこれに限らず結構あるのですが、公式を覚えさせて算数を解かせることに非常に疑問を感じます。子どもたちを見ている限り、算数ができる子たちは公式なんて覚えていません。公式を覚えている子は決まって算数を苦手としている子たちのようです。

正直、小学生用の教材に載せてある公式はすべて、塾が保護者に対して

「公式覚えさせているんだからいいでしょ。それでもできないんだから仕方がない。あなたのところの子どもは算数が苦手なんですよ。」

と言うためのものだけでしょう。これは教育放棄です。きちんと算数を教えましょう!算数の公式は人から得るものではなく、自分自身の中で作り上げていくものです。子どもたちが自分で公式を作っていける学習作りが大切だと思います。

個別教室 遊成塾

塾長 N.T.

スポンサーサイト
22 : 53 : 35 | 教育・受験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本を読もう!
2009 / 12 / 13 ( Sun )
何を隠そう、私自身が本を読むようになったのは大学生になってから。それまではほとんど本なんか読んだこともなく、おかげで国語と英語には大変苦労しました。小学生のころにも読むことはなく、高校1年生に一度読もうとしたことがありましたが、あっけなく挫折した記憶があります(苦笑

本を読むきっかけを下さったのは、大学受験時に出会ったある先生です。先生は「本は読まないといけない」「本はこんなに楽しいんだ」ということを常におっしゃっていました。そのおかげで大学生になってから本を読むようになりました。それから大分と読み、今では活字がないと落ち着かないまでになってしまいました。

私は「本をある世界」と「本のない世界」の両方を過ごしました。だから、余計に思います。

本を読もう!

読書離れ、活字離れとかいろいろ言われますが、私が読書を薦める理由はシンプルです。

これほど知的好奇心を満たしてくれる世界はない!

「知りたい!」「なんで?」にこれほど完璧に答えてくれる世界は他にありません。インターネットで検索して出てくる情報では全く満足がいきません。情報の信憑性に欠ける以前の問題で、知的欲求に対して答えてくれる情報自体がありません。(見つけられていないだけとかではなく、全く存在しません)

もし、本の世界を知らなかったら、私はこの欲求をどうやって解消していたんでしょう?!そう考えると不思議です。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
15 : 01 : 10 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
宇宙に魅せられて
2009 / 12 / 09 ( Wed )
最近、宇宙についてちょっとはまっています。はまると、それ関係の本を買いあさってしまうため、今はそれをなんとか我慢している次第です。ただ、安価なブルーバックスなどは宇宙関係のものをすべて買って、時間を見つけては読んでいます。

息子たちが宇宙物理学者スティーブン・ホーキングの小説「宇宙への秘密の鍵」にはまっており(それで私もはまっているわけですが)、宇宙についての話をしたのですが、その中で「水金地火木土天海(冥)」を知らなかったのです。

ええっ、しらないのか!

と驚きました。しかし、よく考えると、小・中・高と12年間学習する中で、宇宙の話は月と太陽と星だけなのです。マイナー科目である「地学」を高校生のときに学べば、確かに宇宙の話はあるのですが、そのような授業をしている学校を聞いたことがありません。わたしが高校生のときは理科4科(物理、化学、生物、地学)を全部習ったんですけどねぇ。

しかし、宇宙って、なぜ教育においてこんなにないがしろにされているのでしょう。「知ったところで我々の生活が豊かになるわけでもなく、全員が知る必要性がない」とでも言うのでしょうか。それなら古文や漢文や歴史における近代以前も同じでは?!やはり、教養ということを考えれば、宇宙も同様に必要な学習だと思えてなりません。

知的欲求の対象としては、十分満足感が得られる学問分野だと感じます。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
22 : 40 : 43 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
IdeaPaint
2009 / 12 / 04 ( Fri )
最近、とても興味がある商品、その名もIdeaPaint。



これは「壁に塗ると塗ったところがホワイトボードになる」というペンキなのです。塾の壁はもちろんのこと、家のリビングにもこれを塗りたい!想像するだけでワクワクしてしまうのは私だけでしょうか。ただ、家のリビングは独断では無理なので交渉しないといけないでしょうが(笑)

あまりピンとこない人は、IdeaPaint公式サイトをご覧ください。きっと「おぉ~」と思うはずです!

ただ、残念なことは今現在、日本では販売されておりません。直接購入はできると思いますが、2ヶ月ほど前に公式サイトでサンプル取り寄せフォーラムを発見したので注文したのですが、未だに届きません…。

また、気になる価格ですが、家庭用でしたら20 sq ft(約1.86平方メートル=畳一枚ちょい)で$59.00。今は円がかなり高いので($1で90円弱)畳1枚分で約5,000円。ホワイトボードを買うことを考えたら、このペンキは安いですね。

ただ、ペンキにランクがあって、「for Home」は最廉価版。その上に「CRE-8」と「PRO」というのがあります。PROだと50 sq ftで$199.50。畳3枚分弱で18,000円。ちょっと高めですが、それほど高くはありません。ただ、PROは導入するのに素人では難しいようです。プロの内装屋さんにお願いするしかないかな!?ただ注意点は取説がダウンロードできるのですがすべて英語です(笑)

早く日本で購入できるようにならないかな。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
22 : 54 : 51 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
釣りにいく
2009 / 12 / 01 ( Tue )
先週末、友人Y先生の家族、その友人Tくんと私の家族(計大人5人、子ども6人)で、神戸のアジュール舞子へ釣りに行ってきました。快晴ではありませんが、釣りなら十分楽しめる天候だったのでよかったです。

Y先生宅に10時に集合し、まずそこで2時間ほどまったりと。Y先生曰く、
「こんな時間にはあんまり釣れないし、のんびりいきましょう!」
と。この日一日の動き方はこれで決まったようなものです。本日のテーマは「スローデイ」(笑)

子どもって人数が集まると加速してテンションがハイになっていきますね。1人のテンションを1とすると、2人で4、3人で9。集合してものの5分でテンション36に!釣りのことも忘れて、Y先生宅で大はしゃぎです。

お昼前になり、ようやく大人たちは腰を上げて出発準備!昼食をとり、海に着いたのは13時半あたり。いよいよ釣り開始!場所は明石海峡大橋の真下。

息子たちは初釣りなので、プロのY先生に簡単にやり方を教わり、スタート。で、1投目で釣り上げたのが息子T!小さいガシラを釣り上げました。その直後も2匹目を釣り、彼は釣りの魅力にどっぷり(笑)

この後、Y先生の娘さんがガシラを釣り上げ、それからは全く何の反応もなし。

小さい娘がいるので私も釣りに専念できず、Y先生も次から次へと発生する根掛りなどの対処でトイレにすら行けない状態に!で、そのうち子ども達は違う遊びへと(笑)

このままでは釣りをしたことにならないと思い、妻に1歳半の娘を完全に任せ、私もいざ釣りへ!!私も釣りはド素人で10年ぶりぐらいなので、Y先生のいう「岩と岩の隙間に魚はいるよ」というアドバイスに従い、そこへエサをたらすことに。でヒット!急いで未だ釣り上げていない息子Kを呼びつけ、釣り上げさせる。ちょいと大きめ(Y先生曰く、魚屋で300円ぐらい(笑))を釣り上げた。

釣りガシラ

で、その後もがんばったが、結局本日はこれにて終了。日が暮れるのがさすがに早く、17時には撤収作業でした。息子らも大満足な様子で、竿でも買ってあげようかなといった感じでした。釣りは楽しいですね。

夜はY先生宅で「内藤VS亀田」を観戦。で私自身もアドレナリンを分泌したのか、おかげで睡眠不足にも関わらず眠気なしで家路についたわけです。しかし、亀田は強かった!

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
11 : 31 : 54 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。