スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
研修旅行
2011 / 03 / 26 ( Sat )
19日(土)に休みをいただき、泊まりで講師らと研修旅行に行ってきました。内容は、奈良を昼前に出発し、大阪の堺にあるスポッチャ(スポーツ施設)で遊び、桜井にある宿で夕食をとり泊まるといったもの。ほぼ全員の講師が忙しい中スケジュールを合わして参加してくれました。

私を始め講師の中にも初スポッチャが多く、よく分からないまま行きましたが、あらゆるスポーツができて十分に楽しめました。私がしたものだけでも、屋内でダーツ、ビリヤード、屋外でバッティング、ピッチング、バスケ、サッカー、アーチェリー、テニス、ゴルフ。4時間近くいましたが、さすがに休みなしで動いていると疲れますね。

夕方は夕食&飲みで、ここでもみんなワイワイと。普段忙しく、なかなかゆっくりとコミュニケーションが取れない講師らもさまざまな話で盛り上がっていました。

みな「よかった!楽しかった!」といってくれ、企画した側としても満足。 講師間のコミュニケーションは個別指導においてはとても大切なものの一つなので、今後も積極的にこのような場を作れればと思った次第です。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.

スポンサーサイト
02 : 10 : 17 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Real 英語
2011 / 03 / 10 ( Thu )
親戚のようにいつも私と接してくれる英語のY先生との会話の抜粋です。
中学生用の英語の教材に悩んでいた私は、最近、中学生を指導されているY先生に率直に聞いてみたわけです。

----------------------------------------
私   「英語の教材に悩んでいるですが、先生はどんなものを使用しているのですか?」

Y先生 「僕はね、学校準拠の教材2冊を生徒に持たせてるんよ」

私   「へぇ~、それは演習量を確保するためですか?」

Y先生 「まあまあ、そんな感じかな。でも、今は学校の授業を追いかけなくてもいいからReal英語っていう授業してるねん。」

私   「Real英語って!じゃあ、学校で習っている英語はなんなのですか?(笑)」

Y先生 「学校英語かな(笑)」
-----------------------------------------

腹を抱えて本心から笑えないところが恐ろしいところですね。学校英語は一体どこで利用できる言語なのでしょうか。せめて受験でだけでも使えればいいのでしょうが、もちろんそれすら…。

アメリカ人なら誰しも使っている英語。日本人でも何人でも学習方法さえ間違わなければ、普通には使えるようになるに違いない。それがとんでもないことになっている。

なぜだろう。

答えはまたいつか。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
02 : 34 : 26 | 教育・受験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校選び
2011 / 03 / 02 ( Wed )
他のサイトに投稿した内容なんですが(採用されるかどうかわかりませんが)。
学校選びって悩みますよね。こちらにもコピペで。
字数制限があったので,短いですが。

中学校選びに悩んでおられる方への返事として投稿したものです。
ただ,私のような立場のものへの質問ではなかったのですが…。

------------------------------------------

一意見として参考にしていただければいいかと思いますが,中学受験をしたからといってその子どもの学力が上がるわけではありません。これは一見,勘違いしやすいですが,その中学校・高等学校の偏差値が高く大学への進学実績が良いからといって,その子どもがそこに進学すると魔法にかかったように学力が上がるわけではないからです。

これは私の感じることですが,進学実績がよいのは中学受験で学力の高い子を獲得しているからです。その学校が成績を上げているわけではありません。つまり,その子がその学校に進んだからといって突然成績が上がるわけではありません。

私はこのように考えているので,生徒の進学には基本的に,その子が真面目に学習すれば平均点を取れる学校を勧めしています。これはその子が最も自分に自信(自尊心)を持つことができ,最も成長していける環境だと考えるからです。

私立も公立もこの点さえ吟味すれば,学習面における問題はないと思います。後は学習環境も含めた環境選びだと思います。環境の方が優先すべき大切な点だとは思いますが。

------------------------------------------

これは学校だけでなく学習塾でも基本的には同じような気がします。
子どもを成長させるのって難しいですよね。
そう感じてしまいますよね。
私も難しいと感じます。
一応,私が息子や娘,塾の生徒に対してどのように接しているか(指導しているか)を簡単な言葉で表現すると

がまんする,教えない,成長の邪魔をしない


かなと思います。不思議に思うかもしれませんが,これが意外と学力を伸ばすコツではないかと感じます。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
22 : 50 : 47 | 教育・受験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。