スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
公式?
2009 / 12 / 22 ( Tue )
最近、ちょっと閉口していることがあるんです。

それは中学入試の算数の単元「□を含む計算(□を求める計算)」というところにある公式なんですが、次のようなものです。

□+A=B → □=B-A   A+□=B → □=B-A
□-A=B → □=B+A   A-□=B → □=A-B
□×A=B → □=B÷A   A×□=B → □=B÷A
□÷A=B → □=B×A   A÷□=B → □=A÷B
下線部   は注意!

こんな公式っていつからあるのでしょう?私の小学生のころにはなかったと思うのですが…。私が覚えてないだけなのでしょうか?!

この計算にこんな公式がいるなんてとても思えません。誰かが作ってテキストに載せだして、あわてて他の方も自分のテキストに載せているのでしょうか。この公式を覚えて(覚えた気分になって)解いている子は決まって、間違えますし、この計算を苦手としています。

「□を含む計算」は四則演算をきちんと理解していればひっかかりません。ひっかかるならば、それは四則演算がまだすっきり理解できていない証拠です。きちんと学習させましょう。間違っても「□を含む計算」ができないからといってこの公式を覚えさせてはいけません!

こんな風な公式がこれに限らず結構あるのですが、公式を覚えさせて算数を解かせることに非常に疑問を感じます。子どもたちを見ている限り、算数ができる子たちは公式なんて覚えていません。公式を覚えている子は決まって算数を苦手としている子たちのようです。

正直、小学生用の教材に載せてある公式はすべて、塾が保護者に対して

「公式覚えさせているんだからいいでしょ。それでもできないんだから仕方がない。あなたのところの子どもは算数が苦手なんですよ。」

と言うためのものだけでしょう。これは教育放棄です。きちんと算数を教えましょう!算数の公式は人から得るものではなく、自分自身の中で作り上げていくものです。子どもたちが自分で公式を作っていける学習作りが大切だと思います。

個別教室 遊成塾

塾長 N.T.

22 : 53 : 35 | 教育・受験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<あけましておめでとうございます | ホーム | 本を読もう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuseijuku.blog99.fc2.com/tb.php/20-8cfb9403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。