スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
思考力を養う
2010 / 07 / 10 ( Sat )
塾HPに「子どもにとって大切なものって?」を載せましたが、その中に出てきた「思考力」について。

ここでは思考力ってどうやって養うんだろうってお話です。

そもそも思考力ってなんでしょう。これは明らかに複合的な能力です。ですので、一朝一夕に何かの問題集さえすれば身につくといった単純な能力ではありません。問題を解決するために必要な力の、知識を除いた部分すべてです。問題を解決するために必要なさまざまな考え方をすべて一まとめにして「思考力」と呼んでいるんです。

なので、たとえば、帰納的な考え方や演繹的な考え方、具体的な考え方や抽象的な考え方、頭の中での考え方や紙面上での考え方、図や表を使った考え方や数や式を使った考え方、または、複数の人間を用いての考え方、と本当にさまざまな思考法があります。これらすべての能力を一まとめにして一言で「思考力」と呼んでいるのです。

こう見てみると思考力を鍛えることの困難さが分かると思います。ただ、鍛える方法って実は簡単なんです。ずばり

教えないこと!

です。思いっきり塾の存在意味を全否定していますが、これが正解です。教えれば教えるほど子どもは自身で思考しなくなります。口を開けてエサを待っているかのごとくです。自分で食べ物を探しに行きましょう。そうすればいろいろと考えないといけませんよね。学習とは本来、そういった自分で考え、悩み、試行錯誤するべきものです。

ちなみに、最近はやりの右脳を鍛えるみたいなのですが、あれは思考力なんて全く養いません。逆に、思考する前の、見たり聞いたりした瞬間に脳が行う処理能力を高めるといったトレーニングなので、ただの反射的な情報処理の練習になります。すなわちフラッシュカードのようなものでの反復演習によってなされる、瞬間処理能力を鍛えるものです。だって、右脳を鍛えるときには「考えるな!」と言われますからね(笑)。なので、もちろん何か創造するときに必要な能力ではありません。右脳を鍛えても数学は全く解けませんよ。

それどころか「右脳を鍛える」として行われる演習自体も本当に鍛えているのかどうか怪しいようです…。専門的な見地から否定されている方がいらっしゃるぐらいですから。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
00 : 48 : 34 | 教育・受験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<パズルって楽しい!! | ホーム | 大学受験における指導>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuseijuku.blog99.fc2.com/tb.php/32-dc76ca06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。