スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
言語なしの思考
2009 / 09 / 28 ( Mon )
娘が今月23日で1歳5ヶ月になります。

丁度ひと月前ぐらいから思うのです、娘は思考していると。
しかし、まだ言語は獲得していません。よって、言語なしで思考しているわけです。

もちろん、思考といっても、我々が行うような高度なものではありません。しかし、本能だけで行動しているようには全く思えません。

まぁ、高度な(high)動物が遊んでいると何か違うのかと問われれば、なかなか反論できないのは確かです。観察する対象が猿や犬などではなく人間なので、他の動物と比較するにあたって行動だけを取り出して論じるべきだというのは当然のことです。主観(特に親バカ!)が感じ方に含まれてしまうわけですから。

しかし、それを考慮してもやはり、普段の娘の行動を動物のような本能的な行動だとはどうしても感じられないわけです。

対象が幼児ならば、やはり思考が私たちに近くなるためなのか、どのような思考をしているのかを感じるのは容易く、またその思考に刺激を与えてやるのは難しいとは感じません。しかし、言語を持たない娘がいったい何を感じ、思い、考えているのか全く感じられません(見えません)。

娘をこのような対象とみたとき、わたしはいつもワクワクしてしまいます。未知のものと遭遇したときと同じような好奇心の対象としてしまうわけです。彼女に対して外部から刺激を与え,どのような反応をするのか,さまざまなことをしてしまうわけです。もちろん,妻にも怒られるわけですが…。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
15 : 00 : 44 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<木の教室ができるまで1 | ホーム | 無思考>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuseijuku.blog99.fc2.com/tb.php/4-8c5cbdd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。