スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
飽くなき挑戦
2012 / 07 / 07 ( Sat )
「努力」「一所懸命」など、このような言葉が好きな私ですが、少しでも子どもの将来がいいものになるために、よりよい指導法を試行錯誤し、日々取り組んでいます。

しかし、その反面、子どもに悪影響を及ぼすようなものに対しては非常に怒りを感じてしまいます。特に最近は中学生の英語指導に対して非常に頭を痛めています。定期試験の結果を気にするようになり、教科書を見るようになってからのことです。見れば見るほど謎な英語が出てきます。謎というか・・・、間違いですよね・・・。

中1の最初の本文で、登場人物の健くんがバスケットをしていたようで、彼はいいます。
 I'm hot.
読んだ瞬間、「うっ!」となります。
普通は
 It's hot.
です。人を主語にするなら
 I feel hot.
として欲しい。間違いじゃないかもしれませんが、日本人が学習し、使用する英語ではありません。

中2では久美が不思議なものを見つけたようで、先生に
 What's this?
と聞きます。それに対して先生は
 That's an old shell.
と答えます。thatって何ですか?普通にIt's an old shell.って答えてください。
中1の試験ではItで答えないとバツにしたんでしょ(苦笑)

こんなフレーズも出てきます。
 Good idea.
そりゃフレーズでは使います。けど、教えるのはThat's a good idea.にしたい。
ideaは基本的には可算名詞なのだ。こんな使い方は例外。

中3でも
 They thought Japanese never laughed.
えええ、Japanese、限定詞なし?!the Japaneseにしてください。
Japanese peopleがベストです。
Japaneseは可算名詞で「日本人」、不可算名詞で「日本語」。
日本人は数えられます。数えられない日本人ってなんですか?
概念として存在する抽象化された日本人??
中3の英語の教科書で謎なこだわり(?)はやめてほしいですね。学習者にとって迷惑です。

教科書英語もさることながら、学校英語もすごいです。
生徒の定期試験の答案用紙が帰って来ます。そして、見ます。
こんな問題があったりします。
 He plays baseball _______ Sunday.
英会話をしてきた生徒は答えます。
 He plays baseball every Sunday.
答えはon Sundayと習った通りではないとバツになります。
恐ろしい。学校の先生が暴君に思えてくるのは私だけでしょうか・・・。

言いだすと切りがないですが、日本人が外国語として英語を学習するということを念頭におかなくてはいけません。ネイティブが使う英語と英語圏外の人が使う英語は別のものだと考えるべきです。「わかりやすい」のはもちろん、それゆえに「使える」「応用できる」英語でなくてはいけません。

本来の英語、日本人が習うべき英語、そのどちらともから切り離された学校英語、教科書英語。そして、それを元にした定期試験。本当に頭が痛いです・・・。

個別教室 遊成塾
塾長 N.T.
12 : 59 : 24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ロボット教室が始まりました | ホーム | 先週末の定期試験対策(英語編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuseijuku.blog99.fc2.com/tb.php/68-92b2bfa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。