スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ヘレン・ケラー 目の見える3日間
2014 / 09 / 30 ( Tue )
「ハーバードの人生を変える授業」を読んでいて、とても心に残ったことがありました。

ヘレン・ケラーの「目の見える3日間」というエッセイから抜粋だったのですが


ヘレン・ケラーは、次のようなことを書いています。ある日、森の中を長い間歩いてきた友人に、ヘレンは森の中にどんなものがあったかと尋ねました。すると、友人は「別に何も」と答えたのです。そのときに感じたことです。

「1時間も森の中を散歩して、『別に何も』ないなんてことがどうしたら言えるのだろうと思いました。目の見えない私にもたくさんのものを見つけることができます。左右対称の繊細な葉、白樺のなめらかな木肌、荒々しくゴツゴツとした松の木の樹皮…。

(中略)

目の見えない私から、目の見えるみなさんにお願いがあります。明日、突然目が見えなくなってしまうかのように思って、すべてのものを見てください。そして、明日、耳が聞こえなくなってしまうかのように思って、人々の歌声を、小鳥の声を、オーケストラの力強い響きを聞いてください。明日、触覚がなくなってしまうかのように思って、あらゆるものに触ってみてください。明日、嗅覚と味覚を失うかのように思って、花の香りをかぎ、食べ物を一口ずつ味わってください。五感を最大限に使ってください。世界があなたに見せてくれているすべてのもの、喜び、美しさを讃えましょう」



私自身が子どもたちにもっとも言いたいことかもしれません。五感でよく感じてほしい。感性を大切にしてほしい。勉強=理性の世界は、感性の世界からかけ離れたところに存在しているわけではありません。感性が豊かでないと理性は育たないのです。実は、原文にはこのあと1センテンスだけ続きがあります。


けれども、すべての感覚の中で、私は見えることがもっとも美しいと思うのです。


学びは観察から始まるものだと思います。自然の観察から始まるのが理科(自然科学)、人間社会の観察から始まるのが社会(社会科学、人文科学)です。これは紙と鉛筆の世界の中で得られるものではありません。外に出て、自然や人と接する中で、肌で感じ取ることが必要です。

外に出よう。歩こう。
間違っても部屋にこもって勉強みたいなことはしないでください!


《原文Three Days to See/ Helen Kellerより抜粋》
I who am blind can give one hint to those who see -
one admonition to those who would make full use of the gift of sight:
Use your eyes as if tomorrow you would be stricken blind.
And the same method can be applied to other senses.
Hear the music of voices, the song of a bird, the mighty strains of an orchestra,
as if you would be stricken deaf tomorrow.
Touch each object you want to touch
as if tomorrow your tactile sense would fail.
Smell the perfume of flowers, taste with relish each morsel,
as if tomorrow you could never smell and taste again.
Make the most of every sense;
glory in all the facets of pleasure and beauty
which the world reveals to you
through the several means of contact which Nature provides.
But of all the senses, I am sure that sight must be the most delightful.



個別教室 遊成塾
塾長 N.T.

19 : 13 : 25 | まにまに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 3月ベーシック2日目:じゃんけんロボからの改造>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuseijuku.blog99.fc2.com/tb.php/75-1bc1be80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。